小中高生対象のプログラミングスクールTechChance!

TechChance! 公式ブログ

千葉の小中高生向けおすすめプログラミングスクール(教室)3選

 
この記事を書いている人 - WRITER -
TechChance!愛媛の松山木屋町校・東温校を運営。 大学1年時に、愛媛県松山市において[学習塾愛大研]を創設。 広島県広島市出身、現在は愛媛大学法文学部総合政策学科4回生。IoTを使った情報産業論を専攻中。 大学在籍中にプログラミングに出会い、その魅力にハマり日々勉強中。 学習塾代表として培った指導力を武器に小中高生にプログラミングの「おもしろさ」を伝える。

こんにちは!

小中高生向けプログラミングスクール

TechChance!を運営する茶山です。

 

突然ですが、こんな疑問を持ったことはありませんか?

 

「千葉で子供向けの良いプログラミングスクールはないかな?」

「千葉県内に多くプログラミングスクールはあるみたいだけど、どれがいいのか分からない…」

 

本記事では、こんな疑問に応えるべく千葉に校舎があるプログラミングスクールを紹介します

 

千葉の小中高生向けプログラミングスクールの現状

 

 

数年前から急激に数が増えだしたプログラミングスクール。

千葉県でもその数はいまだ増加中です。

 

 

2020年の小学校でのプログラミング学習必修化も追い風となり、関東では100校以上のプログラミングスクールが誕生しました。

 

そうしたこともあり、どのスクールに通ったらよいのか迷う方も多くいらっしゃいます。

本記事では、プログラミンスクールの選び方から、おすすめの教室をご紹介します。

 

小中高生向けプログラミングスクールの選び方

 

すべてのプログラミングスクールを選ぶ際に考えるべきことから

千葉でプログラミングスクールを選ぶ際に大切なこともおすすめしていきます。

 

1.なぜスクールに通わせるのか考える

 

大切なのは、お子さんと保護者のスクールの通う目的の一致です。

 

例えば、お子さんからの視点だと、次のようなことが目的として考えられます。

 

・ゲームが好きだからスクールに通って自分でゲームを作ってみたい

・プログラミングを勉強してコンテストで入賞したい

・とにかく楽しく通って学びたい!

子供ならではの理由ですよね!

いくら保護者が子供にプログラミングを学んでほしいと思っていても

子供は素直に通ってくれるでしょうか?

 

実際に通うのは保護者ではなくお子さんです。

通いたくない子を無理に通わせるのは難しいですし、通ったとしても長続きしなかったりしてしまいます。

 

2.保護者と子供の目的を一致させる

 

一方、保護者目線では以下のような目的が考えられます。

 

・必修化が始まる前に、プログラミングに慣れさせておきたい

・実践的なプログラミングを学んでほしい

・プログラミングコンテストで入賞してほしい

お気持ちはとてもよく分かります。(笑)

 

しかし、1で述べたように、保護者のみの意見でスクールを選び、通わせてしまうのは良くありません。

 

この記事を参考に、お子さんと

・どんなことがプログラミングでしたいのか

・どのくらいのレベルまでを目指すのか

などを話し合ってみてあげてください。

 

3.通う目的に合ったコースはあるのか

 

さて、ここからは実際にどのようにスクールを選べばよいのかを考えていきましょう。

 

まずは

気になったスクールにそもそも目的に合ったコースがあるのか

を確認しましょう。

 

プログラミングはスクールによって学んでいくスタイルが異なります。

 

ロボットを使ったものもあれば、パソコンを使ってゲームを作るようなものまで様々です。

 

ここでは、TechChance!を例にコースの一例を紹介します。

 

TechChance!では、基礎、応用、発展の大きく3つの区分でコースが分かれています。

 

ちなみに、

基礎コースではマインクラフトを使ったコース

応用コースではUnityというゲーム開発エンジンを使ったコース

が人気となっています。

 

スクールを選ぶ際には、どんなコースがあるのかを必ず見るようにしましょう。

 

ハイレベルなコースが用意されていないと、初歩的なところで学習が終わってしまうかもしれません。

 

4.授業形式はお子さんに合ったものかどうか

 

スクールによって、

一斉指導(学校の授業のようなスタイル)か、講師がマンツーマンで少人数の生徒に教えるか異なります。

一斉指導

メリット:カリキュラム通りに進んでいく

デメリット:追いつけないことがあったり、理解の早い子は退屈になってしまいがち

マンツーマン

メリット:生徒それぞれのペースで進めていける

デメリット:お子さんによっては、なかなか進まないことがある

お子さんにとってどちらの授業形式が合うのか、事前に確認しておきましょう。

 

TechChance!では、少人数制のマンツーマン形式で授業を行っています。

 

5.講師の質は高いか

 

講師の質はとても重要です。

前述したように、関東をはじめ千葉でも、多くのプログラミングスクールが誕生し続けています。

 

そして、スクールの数が増えたということは、授業をする講師の数も増えたということです。

 

多くのスクールでは、アルバイトの大学生などが授業を行うことが多いです。

 

大学生が教えること自体には問題はありませんが、

残念ながらスクールによっては、ほとんど研修すらしないまま、授業を行わせているところもあります。

 

単にプログラミングができるからと言って、良い講師とは限りません。

 

スクールが講師の質を担保する仕組みを持っているのかどうかを確認しておきましょう。

 

6.料金は適切であるか

 

料金についても、スクールによってさまざまです。

スクールの数が多くなるにつれ、千葉のプログラミングスクールでも料金が実に多様化しました。

 

同じようなコース内容でも、スクールによって料金が異なることがほとんどです。

 

スクールによっては、教材費や施設利用料などで

はじめに想定していたよりも多く月謝を払うようになってしまったという方も残念ながらいます。

 

多くのスクールが立ち並ぶ千葉ならではの悩みかもしれませんね。

 

プログラミングはすぐにできるようになるものではありません。

 

1,2年通ってマスターしていくようになるので

続けて通える料金なのかどうかを考えることをおすすめします。

 

7.運営者はプログラミングに精通しているのか

 

当たり前ですが、運営者のプログラミングに関する知識は必要不可欠です。

 

昨今、プログラミングスクールの人気が増えるとともに、プログラミングを特に知らないのに運営している運営者もいます。

 

運営者のプロフィールや、プログラミングに関する実績も調べておくことができれば安心ですね。

 

千葉の小中高生向けおすすめプログラミングスクール(教室)3つ

 

いよいよ千葉にある小中高生向けプログラミングスクールを紹介します。

 

ここでは私が特におすすめするスクールを3つ紹介します。

 

小中高生向けプログラミングスクールTechChance!

TechChance!は私が運営しているスクールです。

自分で作品を作り、コンテスト入賞を目指す人におすすめのスクールです。

 

運営陣には、40件以上のプログラミングの受賞歴がある者もいます。

 

小学生だけにとどまらず、中学高校と、学習していけばどんどんステップアップすることができます。

 

特徴 「君のアイデアを、カタチに。」工学博士監修のオンライン教材に加えて、

コンテスト入賞を目指せるハイレベルな環境

メインの対象 小学生〜高校生  (プログラミングを教えたい大学生や社会人も受講)
コース
  • スクラッチプログラミングコース
  • マインクラフトプログラミングコース
  • JavaScriptプログラミングコース
  • Unityアプリ開発コースコース
校舎数 全国に14校(2018年10月現在)
料金 入会金:10,000円
スクラッチコース:9,000円
マイクラコース:9,000円PC完全レンタル込み※千葉駅前校の料金。詳しい料金はHPを参照。
※月2回の料金
公式HP 小中高生向けプログラミングスクールTechChance!

当スクールでは、無料体験レッスンを行なっています。

詳細はこちら→80%超の参加者が入塾を決めるTechChance!の無料体験授業とは?

 

小中高生向けプログラミングスクールTENTO

 

※画像は公式HPから引用

 

TENTOは関東を中心に展開している

ソフトウェア開発者が指導する小中高生向けプログラミングスクールです。

 

多くのプログラミング言語を学べることなど、大人がやっているような一般的な言語でプログラミングを使って学べるのはいいですよね。

 

社会に出てからも使えるプログラミングを学びたい人におすすめです。

 

特徴 多くの一般的な言語を使ったプログラミング学習

 

社会に出てからも使える様なスキルを身につける

メインの対象 小学生〜高校生
コース
  • 小学生向けの教育用プログラミング言語コース(ビスケットなど)
  • 一般のプログラミング言語コース(HTML、phthon,、Javaなど)
校舎数 関東を中心に9校(2018年10月現在)
料金 入会金:10,000円
12,000〜16,000円/月払い(月4回)
7,000〜9,000円/隔週(月2回)
公式HP 小中高生向けプログラミングスクールTENTO

 

レゴとロボットで学ぶ教室「テディス」

※画像は公式HPから引用

 

テディスはレゴブロックやロボットを使ってプログラミングを学んでいく教室です。

 

ロボットを使った、ものづくりの楽しさが学べます。

 

実際に目の前で動かすことのできるロボットを使って学習したい人におすすめです。

 

特徴 レゴブロックやレゴマインドストームEV3などを使用した「ものづくり」

自分の手と頭を使って試行錯誤しながら、自ら学ぶ力、問題を解決する力、協働する力を伸ばす

メインの対象 幼稚園児~中学生
コース
  • ブロック・ビルダーⅠ~Ⅲ(幼稚園児)
  • キッズ・クリエーターⅠ・Ⅱ(小学1~3年生)
  • ジュニア・エンジニアⅠ・Ⅱ(小学3~6年生)
  • ロボット・ベーシックⅠ・Ⅱ(小学4年生~)
  • ロボット・アドバンスⅠ・Ⅱ(小学6年生~中学生)
校舎数 千葉県内に3校舎(2018年10月現在)
料金 8,640円~

※コースによって異なるため、詳しくはHPを参照。

公式HP レゴとロボットで学ぶ教室「テディス」

 

さいごに

 

今回は、千葉の小中高生向けプログラミングスクールを紹介しました。

 

この機会にぜひ、お気軽に各スクールの体験会に参加してみてはいかがでしょうか?

ただし、大切なのは

実際に教室に通うのはお子さんである

ということです。

 

私の運営するテックチャンスでは、無料体験授業を行っています。

 

お気軽にTechChance!無料体験にお越しください

 

コンピュータを全然使ったことがない状態でも、お気軽に無料体験にお越しください。

実際、TechChance! で初めてプログラミングを学び、一年半でプログラミングコンテストで受賞した生徒も居ます。

詳細はこちら→学習歴たった1年半の広島県の高校生が、プログラミングコンテストで入賞出来た理由

 

機会を与えてあげられるのは、周りの大人だけ。

お待ちしています。

詳細はこちら→80%超の参加者が入塾を決めるTechChance!の無料体験授業とは?

この記事を書いている人 - WRITER -
TechChance!愛媛の松山木屋町校・東温校を運営。 大学1年時に、愛媛県松山市において[学習塾愛大研]を創設。 広島県広島市出身、現在は愛媛大学法文学部総合政策学科4回生。IoTを使った情報産業論を専攻中。 大学在籍中にプログラミングに出会い、その魅力にハマり日々勉強中。 学習塾代表として培った指導力を武器に小中高生にプログラミングの「おもしろさ」を伝える。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TechChance! 公式ブログ , 2018 All Rights Reserved.